クレカを利用すると

-

-

カードをお店にて使用する際に、誰しも思ったことがおありではないかと思うのですが、店員が理解していないことでどちらの紙をお客さんに渡したら良いのか迷うことがおありかと思います。

といいますのも、クレカを利用すると、機械の方から利用明細が発行されるためで、このレシートのうちどの明細を客に対して渡して良いのか迷ってしまうというケースがあるのです。

3枚1組の利用レシートの解説・・・これらの数枚の使用明細の解説とはどういうものかというと、↓の通りです。

1利用者へ渡す利用明細。

2店舗控え利用レシート。

3クレジットカード会社控え用使用レシート(記名をする明細)。

普通であれば絶対利用者に渡す用の明細の方を渡されるはずなのですが、ごくたまに、店舗控え利用明細をお客様に対して間違って渡してしまうということの他、署名した方の利用明細を渡してしまうという事故も見受けられます。

これはアルバイトの従業員などや普段からクレジットが使われるケースの少ない店の会計においてカードを提示するとそのような担当者の心の乱れが拝見することが出来るのではないでしょうか(笑)。

レジ担当者が誤った利用レシートを提示して暁には、怒りを抑えて「こちらは違いますよ」などと教育してみてはいかがでしょうか。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.eggcreamheat.com All Rights Reserved.