他には「もはやたくさんの人々が取引しているから

-

-

やっと開始する時という局面では、何よりも事前準備をサボってはいけません。

トレードを始める前であればその物を合理的に観察する事が可能です。

だがしかし、ただ一度トレードの内側へ踏み込んでしまうと、どう工夫しても見え方が主観的になりがちで、時としてしっかりとした見方ができなくなる危険があります。

そのために自分自身のメンタルが客観的な時に間違いない準備をしておくことが大事です。

”事前準備”するためには、何はともあれ自分だけの台本を書くことから手をつけます。

今後のこの通貨は上がる(または下がる)からユーロを勝負するというように自分のストーリー展開を考えていきます。

次は時間足チャートをチェックしよう。

以前のマーケットの推移を見つめて、チャートを調べます。

すると、「現在はだいぶ低すぎる状態にあるな」など、他には「もはやたくさんの人々が取引しているから、この後急に売り(または買い)してももはややりようがない」ということが見えてくる。

無論しかけるのが遅すぎるなと思ったら、その状況では割り切ることが大切です。

自分なりの物語を譲らずに割り切らずに新規エントリーすると、マーケットにやられて逆にマイナスになります。

とは言ってもかなりの場合準備が出来ている自身の物語を思い描いておくと買い(または売り)が遅いという場面にはならないと考えます。

大方、実際にマーケットが上げ下げする前の状況のはずだからです。

続いては、差し当って注文しようと検討している外貨ポジションの上下動を、きちんと点検する事が重要です。

もしも、ドル高になるはずだという脚本を書いたのであれば、その外貨の変動に注目する事が大事です。

外国為替市場の上げ下げを気をつけ始めたときでは、誰の眼にも明らかに変動する様子を見せず上や下にわずかな変化を繰り返しているだけだろう。

でも、その動きをじっと注目しているとあるポイントでじりじりと、ドル高へと外国為替相場が推移し始めます。

そこでドルの新規注文を出すのだ。

普通は、ここまで念入りに用意をすれば、その取引で勝てる率は比較的高まります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.eggcreamheat.com All Rights Reserved.